中国軍の武力行使があれば、中国と通謀した政治家、記者は外観誘致罪で死刑になる

日本国刑法第81条

「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。」

日本の政治家、記者

日本の一部の政治家や記者は、ことあるごとに、中国、韓国政府に、日本批判の「ご注進」をしてきた。

もし、中国軍尖閣列島を侵略、日本の自衛隊と交戦になれば、中国と通謀した政治家や記者は刑法81条の「外観誘致罪」の構成要件を満たし、有罪となる可能性がある。

通謀とは、外国政府が日本に対して武力行使をすることを知って、中国に有利な政策を実施することや、中国を擁護する報道をすることも含まれると考えられる。

刑法81条の「外観誘致罪」で、有罪となった場合は、死刑しかない。